| トップページ | 全記事一覧 |

Entries

スポンサーサイト

リーバイス最新News!

リーバイスの最近のニュースというと、ムンバイー(インド)で開催されたラクメ・ファッションウィーク(LFW)2008春夏コレクションの話題でしょうか?ファッション通の方ならご存知?10月13日から17日までの開催でした。このLFW2008SSコレクションで、リーバイスが素晴らしいショーを行ったとタイムズ・オブ・インディアが絶賛したそうです。そのリーバイス流のファッションウィークの歩き方とは──リーバイスは今や世界中に広がる...

リーバイスとレッドタブ

レッド・タブと言えばリーバイス! リーバイスファンには当り前のことではありますけれど レッド・タブをポケットに取り付けるということ自体が リーバイスの特許になっているって知っていますか? リーバイスのレッドタブが商標登録されたのは1938年。 その時には既に赤いタブをつけること自体がリーバイスのシンボル だったこともあり、レッド・タブを取り付けること自体が 商標登録されるに至ったのです。 ジーンズ...

リーバイス・コリアのモデルたち

リーバイスのモデルにユン・ウネが起用された話を書きましたのでついでにリーバイス・コリアの他のモデルさんたちの話も書いてみます。リーバイス・コリアでは、今年2月に女優パク・シヨンをモデルに抜擢しています。ユン・ウネが日本では知名度が高いのでつい最初に紹介してしまいましたがパク・シヨンこそ、リーバイスの韓国の公式広告に出演した最初の韓国人女性なんです。やはりこちらもリーバイスの<Ledy Style>(レディー...

リーバイスとユン・ウネ

今年、リーバイスのモデルに韓国女優のユン・ウネが抜擢されたんですよね。ユン・ウネはDHCのCMでスッピン姿を公開したことで話題のお肌美人。確かに、うらやましいほどキレイな肌だしプロポーションも抜群!リーバイス・ジーンズも間違いなく似合いますよね。リーバイスには20代の女性をターゲットとした<Ledy Style>がありますが、ユン・ウネはそのパール・ジーンズとブラック・ダイアモンド・ジーンズのモデルとして活...

リーバイス501とエビスジーンズ

リーバイス501はジーンズのオリジナル!全てのジーンズはリーバイス501から──と言い切ってしまうとまずいのでしょうが、リーバイス社がリーバイスジーンズをジーンズのオリジナルと自負するだけあってリーバイスジーンズのジーンズブランドに与える影響の大きさをしのばせるエピソードをご紹介します。唐突ですが、エビス(EVISU)ジーンズってご存知ですか?バックポケットにmの文字(かもめマーク)がトレードマーク...

リーバイス日本未発売モデル!

リーバイス関連のちょっぴり雑学をご紹介します。最近、海外ドラマが日本でも大流行してますね?「24(Twenty four)」/「プリズンブレイク」/「LOST」など、見始めたらとまらないシリーズばかり。その中の「24(Twenty four)」、ご覧になられた方も多いと思いますが、「24(Twenty four)」は、現実の時間進行と同じスピードで進行していくスリリングなドラマです。「24(Twenty four)」の魅力は、キーファー・サザーラン...

ヴィンテージリーバイスと言えば201で決まり!?

リーバイス501の廉価版で1900年代初頭に作られたリーバイス201。リーバイス201は1915年パナマ太平洋万博にて最高賞を獲得しました。廉価版とは言え最高賞を受賞するのは、リーバイスが妥協せずに作っている証拠です。もちろん現存するリーバイス201についてはヴィンテージの称号が与えられますし、さらに“お宝” “激レア”がプラスされます。これほど愛されるジーンズはリーバイスだけではないでしょうか?(リ...

リーバイスの誇り

リーバイスの非上場化にまつわるエピソードをご存知でしょうか?リーバイスの、自社製品についての徹底した高品質主義とそれにより勝ち得た名声・注目度の高さに恥じない誇らしいエピソードで、リーバイスFANのリーバイスへの愛着を一層増してくれます。リーバイスは一部発展途上国にも製造を委託している契約工場を持っていますがリーバイス側で人権を含む労働環境を厳しくチェックした上で契約しているそうです。児童労働が世...

リーバイス517

リーバイスのブーツカットは「サドルマン」という愛称で昔から親しまれている定番の人気モデル。リーバイスの517ブーツカットというと、上からヒザまでのラインはスリムで、ヒザから裾にかけてさり気なくフレアーになっている、ブーツカットならではのキレイなシルエットがカッコよさを引き立てる魅力的なモデルです。本場のアメリカ中西部では、まさに“永遠の定番アイテム”!リーバイス517の発売は1971年、ビンテージジ...

日本でのリーバイス

ジーンズが世界中の世界中の若者の間にファッションとして普及しリーバイスのジーンズブランドとしての人気が急上昇したのはジェームズ・ディーンの登場から、と先日書きましたが実は、1955年の映画『理由なき反抗』でジェームズ・ディーンが着用していたジーンズはリーバイス(LEVI'S)ではなくLee だったらしいのです!私も、えーーーーーーーーー??って思いました。ジェームスディーンといえば、昔のイケメンの代名詞で、ジー...

リーバイス・フラッシャー

リーバイスのフラッシャーのスタートは1937年。リーバイスの未使用品には必ずフラッシャーが付いていますが、それはここから始まったのですね。リーバイスジーンズ誕生から64年経って始まったフラッシャーの取り付け。リーバイスのフラッシャーにも大戦を挟んで時代ごとに変遷があります。リーバイスのフラッシャーもリーバイスFANにとってはこだわりのアイテム。リーバイスの新品を購入するとフラッシャーを丁寧に取り外...

歴史を感じさせるリーバイス

リーバイスは老若男女憧れのジーンズで、特に有名なモデルが“リーバイス 501”。“リーバイス501”は、リーバイス社が一番最初に手がけたジーンズモデルで、1890年代に誕生したのは承知の通り。リーバイス(ジーンズ)はもともと衣料品としては労働着向けだったのですが、戦後から若者の間でジワジワ流行となりました。そして1950年代にジェームス・ディーンの登場によってジーンズがファッションとして取り入れられて以降、リーバイ...

自分にあった501を選ぶには?

リーバイス501は66モデルから若干細めのラインに変わりました。リーバイス501の66モデルで太ももがややキツイかな?なんて思った方にはコレがオススメ!すこーし金額が上がりますが、復刻版のリーバイス501XX37年モデル・47年モデル・55年モデル少しゆったりめに履けると思いますよ。リーバイス501XX44年モデル(大戦モデル)はわずかに細いです。ジーンズを水洗いして縮むのがお好みでなければワンウ...

リーバイスの歴史

リーバイスジーンズ──世界中で最も親しまれているリーバイスの由来は製作者リーバイ・シュトラウスLevi Strauss(1829-1902)の名から来ています。リーバイスFANならば知っておきたいリーバイ・ストラウス社の歴史を簡単にご紹介してみます。リーバイ・シュトラウスはドイツのバイエルンのフランケン地方ブッテンハイムで、ヒルシュとレベッカ夫妻の子レープ・シュトラウス (Lob Strauss) として生まれました。1850年、レーブ・シ...

リーバイスレッドタブ

リーバイス(Levi's)のレッドタブ(REDTAB)はリーバイスの「ツー・ホースマーク」と並んでリーバイスの象徴的なディティールです。レッドタブのついていないリーバイスジーンズも過去には存在していましたが、今やリーバイスジーンズにはなくてはならない存在であるレッドタブ。レッドタブがリーバイス製品(ジーンズ)に採用されたのは1936年の9月1日でした。レッドタブは、リーバイスジーンズの右のバックポケットに縫い...

リーバイス(Levi's)501

リーバイス501--ジーンズのルーツ、原型といえばやはりリーバイスです。リーバイスのジーンズの中でもリーバイス501は最初に作られた製品。「ジーンズ」という名のあらゆる製品のルーツがリーバイス(Levi's)501に辿りつくと言っても過言ではないでしょう。「リーバイス501」こそが「ジーンズ」の代名詞!単なる「リーバイス」ではなく「リーバイス501」と限定してしまうところにリーバイスFANのリーバイス・...
前後の記事の案内

前後のページの案内

Appendix

リーバイスFANの為の情報館

ブックマークに追加する

levis501FAN

Author:levis501FAN
リーバイス(Levi's)FANの為の情報館にようこそ!
リーバイスの最新ニュースや豆知識
リーバイス関連の話題をどんどん紹介していきます。

SEOパーツ

  • seo
SEOパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

総合リンク集 Link 
Station
経営
インターネットサイト集 
CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。